水着

初めて吉原ソープを利用するなら料金体制をしっかり把握しておこう

男性の憧れ「ソープ」の料金体系を解説します

外国人

吉原のソープ店で見かける「入浴料」とは一体なんのことでしょう?ヘルスでシャワーを浴びたり、デリヘル嬢とホテルでお風呂に入ることはありますが、入浴料を支払うという概念があるのはソープだけです。吉原を始め全国各地にソープはありますが、どちらに行っても入浴料という表示があります。
これは、ソープが表向きは「入浴料を支払って入るただのお風呂屋」という位置付けだからです。風呂で女の子と一緒になり遊んだだけ、という建前のもとに営業しているのです。ソープで遊ぶためには、この「入浴料」と女の子に直接払う「サービス料」を合算した金額が必要になります。最近ではホームページに、入浴料とサービス料を合算した総額を記載しているお店も増えてきました。その一方で、入浴料だけを提示しているお店も依然として多いです。それでは総額いくらになるのか分からないじゃないかと言われるソープ初心者もいますよね。
お店への電話で確認することもできますが、「サービス料」は一般的に「入浴料」の2~3倍と覚えておくと良いでしょう。仮に入浴料が1万円と提示されていたら、サービス料は2~3万円となりますので、支払い総額は3~44万円ということになります。あくまでも目安ですが知っていて損はありません。これで吉原ソープデビューの日も近いですね。

ソープで緊張しないようにするにはいつも通りを心がけることが大切

憧れの吉原のソープに行くとなると期待で胸がドキドキして緊張するものです。美女が多いことで知られている日本でも有名な吉原の店だと、慣れてないとハンパなく緊張することもあります。いつもと違う接待、いつもと違う部屋、大理石で作られた浴槽など豪華な環境についていけず、緊張して呼吸も荒くなりがちです。
そうしたときはいつも通りという気持ちを心がけておくと緊張しなくなります。吉原だと駅前で高級車が待機してソープの入り口まで送迎してくれるお店もあります。お店の方としてはムードを高めようとしてくれるのですが、初めてだとそれについていけなくなるので、豪華なおもてなしでも気持ちの上では平静を保つようにしていけば気にならなくなります。部屋に入るとLEDの照明でピンクに演出されていることもあるので、プレイするときは照明を落としてもらえばいつも通りになります。
ソープから帰って家に帰ると緊張が解けるのに、女の子の前にいると緊張しっぱなしのときは、目を閉じてイメトレしておくと少し良くなってきます。緊張しないコツは普段家にいるのと同じにすることが何より大切です。自信のなさが緊張を増大させるので堂々と強気でいけば緊張の空気を変えられます。

吉原のソープはフリーで入っても外れがないので理想な子に出会えます

吉原は関東でもソープランドの激戦区で在籍数は類を見ないほどたくさんいます。限定された地域のソープだとフリーで入った場合に外れな子が相手することになりがちですが、吉原だと外れがほとんどいないので人気のあるスポットです。昔の吉原だと年齢を誤魔化して在籍している熟女などがいましたが、最近ではそうした状況が一掃されてきているので、ホームページで見るプロフィールそのままの子と出会えます。
ソープの生き残りをかけて少しでもお客さんを確保しなければならないので、お店ではフリーでも可愛い子を用意してくれます。最初から指名してしまうと指名料が基本料金にプラスされてしまうので、特に気に入った子がいないのであればフリーで入った方が得です。どんな子がくるのか不安を感じるときは当日出勤の子をチェックしておけば安心です。その中で気に入ってる子がほとんどなら指名しなくても大丈夫です。半分くらいしか気に入った子がいない場合は、別の日に改めて出勤してる子を確認しておけば無駄なく遊べます。
吉原は大衆店から高級ソープまでたくさんあるので、料金的に折り合う店をいくつかピックアップして、その中からフリーで入ればほとんど外れなしで可愛い子に当たります。フリーで気に入ったら次回から本指名すれば恋人のように親しくなれます。


美しい女性の在籍している吉原ソープで楽しい時間を過ごすことができます!【あうん】